So-net無料ブログ作成

高原芸術祭 [きまぐれ記憶]

yatu20.jpg

yatu11.jpg

高校山岳部先輩のお嬢さんはメゾ・ソプラノ歌手で、蓼科三井の森別荘地でこじんまりとしたコンサートが開かれると案内があり出かけてきました。 場所は美濃戸の山小屋から20分ほどのところで、有名な指揮者、故渡邉暁雄さんの別荘地内にあるメモリアルホールです。

yatu15.jpg

yatu10.jpg

木造つくりのこじんまりとしたホールです。今回の聴衆は35名ほど、最前席に陣取りすばらしい歌声に酔いしれてました。出演者は左から ピアノ:堤 鈴恵、ソプラノ:齊藤 純枝、ソプラノ:武澤 佳絵、メゾ・ソプラノ:飯島 由利江さんです。

yatu21.jpg

齊藤 純枝さん おしゃべりが大好きなようで、歌の内容を詳しく説明してくれました。身振り手振りをそえてベテランらしいお声でした。
「もし私ができないなら」ベッリーニ、「ばら」トステイ、「翼」武満徹、「セレナータ」トスティ、「エシトレリータ」ポンセ、「私の名はミミ」プチーニ、など9曲

yatu22.jpg

武澤 佳絵さん 仕草は機敏で、さすがに若手らしく、張りのあるよいお声でした。
「アヴェ・マリア」マスカーニ、「小さな空」武満徹、「口づけ」アルディーティー、「岩のように動かずに」モーツアルト、「私のお父さん」プッチーニ、、など8曲

yatu19.jpg

飯島 由利江さん 先輩のお嬢さんです。昨年もお知らせいただいたのですが、引越しの準備で行けませんでした。このとき歌われた 「落葉松」(野上彰・小林秀雄)を聞き損ねたのですが、なんと、高尾の我が家で歌ってくれましたが、知り合いにピアノ伴奏できる人がいなかったのでアカペラでした。、今回、ピアノ伴奏付でじっくりお聞きし、堪能しました。また、聞きたい曲のリクウエストがありますかとのことで、オペラ歌手塩田美奈子さんが歌った「津軽のふるさと」が気に入っていたのでリクエストしていたところ、今回実現、さすがにメゾ・ソプラノ 中域から高域にかけて丸みのあり、張りのある声で歌ってくれて大感激です!!。
「津軽のふるさと」米山正夫、「戦争は知らない」寺山修司・前田佳世子、「落葉松」野上彰・小林秀雄、「君の美しい編んだ髪」オブラドス、「サマータイム」ガーシュイン、「ママも知るとおり」マスカーニ、など9曲

「津軽のふるさと」、 「落葉松」「戦争は知らない」 の3曲は歌の名前をクリックすると動画をご覧になれます。


yatu14.jpg

yatu13.jpg

コンサートだけではありません、前日のディナーは別な先輩ご夫婦と山小屋の近くにあるレストラン「カントリー・キッチン」でワインと豪華な洋食で乾杯、この後、コンサートホールへ、もちろん私は運転しません、一人だけ水クラスでの乾杯で、お世話になります。

yatu12.jpg

yatu23.jpg

山小屋は緑に包まれ、最高気温25度、都会に帰りたくありません。先輩夫婦が持参してくれた朝食です。天気がよければ近くのユリの里の散策を予定してましたが、雨で断念、数日居残って、山小屋の外装メンテナンスも予定してましたが・・・、今年中しなければ。


野鳥撮影のつもりで持ってきた300m望遠によるマクロ撮影、焦点深度が浅く良い写真が取れました。


yatu02.jpg

yatu04.jpg

yatu07.jpg

yatu05.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。